武勇伝

560: おさかなくわえた名無しさん 03/04/22 13:28 ID:mP/Bpj64
ちょっと前ぐらいのことですが。 

会社帰りの満員電車で、運良く座れたのです。 
で、日ごろの睡眠不足がたたって、すぐに爆睡。 
どれくらいたったころか、隣から腕を執拗につつかれ、 
目が覚めました。 
そしたら、隣の席のおやじ(普通のスーツだった)が 
逸物をだしたコカンを、新聞を読んでるようにしながら、周囲から隠し、 
私に見せてきました。 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

しかしながら、こちとら小娘ではありませんので、
ちょうど電車が揺れたのを利用して、
逸物を隠していた新聞紙をたたき落としてあげました。
コカンを全開にしたおやじ。

もちろん、電車の中は満員でしたので、皆さん視線釘付け。
しかも、次の駅まではまだまだあります。
おやじは慌てて、身支度をして、席を立とうとしましたが
座っていたところは、ほぼ車両の真ん中。

立ち上がっても、満員のため身動きできず。
激しく笑いが広がる中、うつむいているただ座っているしかないおやじ。
私は、すました顔をしながら、心の中で、ガッツポーズをとっていました。

561: おさかなくわえた名無しさん 03/04/22 13:45 ID:mZV8Tjfh
>>560
よくやった!

562: おさかなくわえた名無しさん 03/04/22 14:23 ID:MrSbncLL
>>560
こういうのを待っていた

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!



スポンサードリンク

スポンサードリンク
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット